Top > ソフトウェア

コンパクトに高性能がモットー

ここでは私が開発したソフトウェアを公開しています。自信作から出すのも恥ずかしいものまでありますが全てフリーソフトです。

開発言語はVisual C++(古いものはHSP)を使っています。私がソフトウェアを開発する上でのこだわりはグローバル変数を使わないこと、全てWin32API(SDK)で記述しVCLやMFCはもちろん標準ランタイムさえ使わないこと、設定保存にはできるだけINIファイルを使用しレジストリを汚染しないことです。

このためファイルサイズは小さく、メモリやCPUに余計な負担をかけないためお使いのパソコンの性能を最大限に引き出すことができます。生物にたとえるとイントロンがほとんど無い原核生物のような感じです。

NiGuanDao!

2014/09/26: NiGuanDao!は豊充風船商店に引き継がれました。

Yaya'sWebserver

■概要
Windows向けWebサーバーです。CGI、PHP、SSIに対応し、エイリアスの設定や個別のアクセス制御も可能です。当サイト(www.hozugawa.net)もYaya'sWebserverで運用しています。
現在後継バージョンとなるEveservを開発中です。

■バージョン
Ver. 1.15(2007/03/15)
スクリーンショット

■ダウンロード
Ver. 1.0フルセット版(218 KB)
Ver. 1.15差分版(35 KB)
Readmeファイル

単gent

2014/05/22: 単gentは豊充風船商店に豊充英和辞典として引き継がれました。

MUTEV TCP/IP CLIENT

■概要
HTTPやSMTP等のTCPサーバーに接続して文字列の送受信を行います。Telnetクライアントと異なるのは複数行の送受信が可能なことです。プロトコルを定型文として保存する機能もあるのでサーバーソフトウェアのデバッグに便利です。
もともとはYaya'sWebserverやNiGuanDao!等のネットワーク系ソフトウェアをデバッグする目的で開発しました。

■バージョン
Ver. 1.1(2009/01/28)
スクリーンショット

■ダウンロード
Ver. 1.1(43.4 KB)
Readmeファイル

電子植物図鑑

■概要
プログラミングを始めて間もない頃にHSPで作った植物図鑑もどきです。まだ子供だった当時は最も力を入れたソフトでしたが、今考えると出典元が怪しかったり主観的な説明文を書いていたりで図鑑を名乗るには少々問題ありです。しかしせっかくの自信作(?)を駄作のままにしておくのは勿体無いので作り直しを予定しています。

■バージョン
Ver. 0.95(2003/10/14)
スクリーンショット

■ダウンロード
Ver. 0.95(334 KB)
専用画像集(11.1 MB)
Readmeファイル

なにか変

■概要
効果音つきの夫婦喧嘩シミュレーション。痛いガキだった頃にノリで作ったソフトです。

■バージョン
Ver. 1.1(2003/06/12)
スクリーンショット

■ダウンロード
Ver. 1.1(61.4 KB)
Readmeファイル

Univers Power Fixation

■概要
宇宙のパワーなるものをもらえるようです。作ったのは遠い昔のことですから私にもよくわかりませんがどうも催眠術の原理みたいです。

■バージョン
Ver. 1.0(2003/01/21)
スクリーンショット

■ダウンロード
Ver. 1.0(88.8 KB)
Readmeファイル

ウイルス探し

■概要
私が今までに開発した中で最も恥さらしなジョークソフト。Vectorで偽ウイルスや偽スキャンがブームになった頃、流行に遅れないようにと思って作った記憶があります。

■バージョン
Ver. 1.1(2003/06/12)
スクリーンショット

■ダウンロード
Ver. 1.1(64.8 KB)
Readmeファイル

Satoyama OLE Drag and Drop(開発者向けDLL)

■概要
C/C++やHSP、なでしこでIEからのドラッグアンドドロップを簡単手軽に実装することができます。とにかく簡単さを追求し、単にURLのドラッグアンドドロップを受け付けるだけならたった4つの関数を呼び出すだけです。
DLLに余計なものが全く含まれていないのでファイルサイズは7.5KBと小さく、重いとう理由からMFCを敬遠されている方には特にお勧めです。

■バージョン
Ver. 1.00(2010/03/05)

■ダウンロード
Ver. 1.00(10.0 KB)
Readmeファイル

MingCSV(開発者向けDLL)

■概要
Excel等で用いられてるCSV文字列データを扱うためのDLLです。セル、行単位の読み書きやソートができます。
RFC4180を元にし、またExcelの出力ファイルも参考にして開発しましたので他のソフトが扱うCSVデータとも高い互換性があります。

■バージョン
Ver. 1.01(2007/05/25)

■ダウンロード
Ver. 1.01(8.22 KB)
Readmeファイル

2010/03/31: Satoyama OLE Drag and Drop(開発者向けDLL)を追加。

(2010/02/25)