Top > これ恋番外編 > NiGuanDao!の適法性について

ダウンロード罰則化とNiGuanDao!の今後

わが国では2010年1月1日よりダウンロード違法化が実施され、2012年10月1日に罰則化されました。これを受けて動画ダウンロードツールであるNiGuanDao!が今後どのような運命を辿るかということは利用者のみならず開発者一同にとっても大変気になる事柄です。

そこでNiGuanDao!自体が違法ではないことを解説し、今後も皆さんに安心してご愛用頂けるようにと思って本稿を開設しました。

尚、私には「すべての情報は可能な限り全人類の共通資産として無償で共有されるべきである」という持論がありますが、ここで問題なのはあくまでNiGuanDao!の適法性についてですので客観性に重点を置いて述べることにします。

一体何が違法なのか

「ダウンロード違法化」というぐらいですから全ての動画ダウンロードが違法だと思われがちです。しかしそれは間違いで、違法アップロードされた動画をそれと知りつつ落とすことだけが違法なのです。したがって、ボカロ曲など作者がダウンロードを認めている場合はダウンロードして問題ありません。(当たり前ですが、明示的にダウンロード禁止と書かれている場合は違法になります。)

違法にアップロードされた動画とは具体的には録画したアニメやCDから取り込んだ音楽などです。これらをダウンロードするとたとえ個人利用でも違法になります。

グレーゾーンのコンテンツは大丈夫か

ダウンロードしていいコンテンツとダメなコンテンツは白黒はっきりしているとは限りません。例えばJA○RAQの息のかかった曲をカラオケで歌ったような動画はグレーゾーンにあたります。

ニコニコ動画やYouTubeはJASR○Qと協定を結んでいるので見るのは合法ですが、ダウンロードまでは認めていないでしょうからそういう意味では落とさないほうが無難です。

ただ、後述の理由から実質的には落としても捕まることはないと考えられます。

検挙される条件

ダウンロード違法化は今のところ親告罪で、実際のところ個人が家で違法動画を落としたところで捕まることは滅多にありません。確率でいうと違法動画ひとつあたり1ppbぐらいじゃないでしょうか。それも落としたものを友達に見せびらかして、それがたまたま権利者の身内だった場合などに限られます。

企業や学校で行った場合は密告のリスクが僅かながら存在します。ただし警察に密告したところで動きませんので権利者に直接伝え、それから告訴へと導く必要があります。こんな面倒なことのできる暇人が一体どこにいるのでしょうか。

仮に密告者が権利者に違法DLの証拠をバッチリ撮影して告訴できる条件を完璧に整えたとしましょう。これで本当に告訴に繋がるでしょうか。そんなことをすると権利者のほうが危なくなるのは容易に想像できるかと思います。

ただし違法(疑いありも含む)動画の再うpだけは絶対にやってはいけません。うpは以前から違法ですし、告訴されたら確実に捕まります。そのときにダウンロードの余罪まで問われる可能性があります。

以上、違法ダウンロードについては告訴されない限り捕まらないということ、告訴される確率が明日事故で死ぬ確率よりも遥かに低いことを述べました。しかし違法は違法だということを忘れてはなりません。これは交通量が一日一桁のド田舎にある信号でさえ無視してはいけないのと同じです。

NiGuanDao!の今後

NiGuanDao!自体が違法ではないこと、ただし使い方によっては違法になることをご理解頂けたでしょうか。気をつけなければいけないのはこれがいつまでも通用するとは限らないということであり、場合によっては動画の「ダウンロード」自体が全て違法化および罰則化される可能性も無視できない確率であり得ます。

常識的にありえないのですが、何しろ法律を決めている連中はチンパンジー以下の脳みそです。いっそ文化庁を解体してかわりに日光猿軍団の猿を文化庁の大臣と官僚に配属したほうがマシなぐらいです。

もし何らかの理由によってNiGuanDao!の開発を中断せざるを得なくなった場合、オープンソースにして海外のコミュニティで開発を継続してもらうということを計画しています。現在は万が一を想定してそのための準備を行なっており、新機能の追加と同時にスパゲティ化した汚いソースの整理を行なっています。この影響で最近のバージョンは変なバグが出やすいですが、何卒ご容赦頂ければ幸いです。

尚、オープンソース化はその必要がなければしない予定です。私の美学である「全人類の共通資産」思想に則るとオープン化すべきですが、その結果としてセキュリティホール探しやウイルスを混入させた偽物が出まわるリスクが考えられるため当面はクローズドにしておく方針です。

また、クローズドにしておくことで特定のIDのダウンロードを禁止するということが可能になり、もしツールへの締め付けが強まった場合NiGuanDao!側で規制していくことも検討しています。本当はこんなことしたくないのですが、ごめんなさい私も捕まりたくありません。これも生き残る上では仕方のないことであり、責めるのであれば霞ヶ関や永田町に巣食うチンパンジー以下のクズどもを責めてください。

(2013/01/13)